新年にあたり…

投稿日: カテゴリー: 園長より

 年末から厳しい寒さが続く中 迎えた新年、明けましておめでとうございます。

 この冬休みの間に寒さと積雪と 一気に真冬の厳しさに向き合う毎日、大寒を過ぎましたが、もう少し 厳冬は続きそうですね。

 新しい年が皆さまにとりまして明るい未来へ歩みを進められる 佳き1年となりますよう、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 2学期中は まだ小雪で、平らなところでソリを引いておりましたが、3学期スタートとともに ここ連日の雪で園庭の雪山は見る見るうちに立派になって、ソリすべりも思い切り楽しめるようになり、自分のしたいこと、友だちと相談しながら、あそびを深めております。

 雪という素材は工夫次第で さまざまなあそび方ができる北国の天然の遊具。

その素材を生かし 思い切り身体を使い、いまの季節ならではのあそびを充実させていけたらと思います。

 また、この3学期は大事な年度の締めくくりの時ともなります。

 それぞれ進級・進学に向けて、各年齢に合った自分で意欲的に生活できる力を培い、喜びと自信・自覚を持って 次のステップに向っていけるよう見守り、支えながら、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

 今学期もどうぞよろしくお願い致します。

                                    園長  肥田 光代

皆さまと心を合わせたクリスマス

投稿日: カテゴリー: 園長より

 ここのところの寒さと雪で園庭も一面 真っ白に雪化粧し、子どもたちは いよいよ楽しみにしていた雪あそび、雪合戦や交代でソリに乗ったり、雪を集めて お山づくり…と外で思い切り身体を動かしながら 思い思いのあそびを楽しんでおりました。

 先日のクリスマス発表会では 年齢ごとの入れ替え制による観覧となりましたが、感染対策にも ご協力頂きつつ 各年齢の子どもたちの いまの育ちを表現活動としてご覧下さり、成長の喜びを分かち合えましたこと、感謝とともに 大変うれしく思っております。

 また クリスマスのお祝いでは ご家庭でもお祈り、親切や小さな犠牲の取り組みに寄り添って頂き、クリスマスへ向けての行事を通してイエスさまのご降誕を祝う よき日を皆さまと心を合わせて過ごせましたこと、本当にありがとうございました。

 冬休みは子どもたちの楽しみなクリスマスやお正月もあります、ご家族でゆったりとお過ごし下さい。

 今年は園での日常生活や行事、皆さまにたくさんのご理解やご協力を頂けましたことで 教育活動を努めて安全に運営することができ、心より感謝致しております。どうぞ 穏やかな よい年をお迎え下さいね。

                                      園長  肥田 光代

育ちの共有

投稿日: カテゴリー: 園長より

 冷たい空気が肌に染みるようになってきたかと思うと、その空気が張り詰めた日には 空から雪を連れて舞い降り、まだ 陽射しがあると解けていますが、確実に冬の便りは届いていますね。

 先日 少し積もった日には、預かり保育の子どもたちが雪と戯れ、雪だるまを作って楽しんでおりましたが、雪との生活が日常となっていくのも間もなくのことでしょう。

 今年度は コロナ禍の中、教育活動も必要な経験と感染対策を両立しながら、保護者の皆さまにも この状況下でも お子さんの育ちを共有していく方法を工夫しながら、これまで進んで参りました。2学期中盤以降 特に、子どもたちも日々の生活の積み重ねや大きな行事の経験を通してグンと成長を遂げていく過程。運動会では年齢別の育ちを、11月の土曜参観では縦割りの姿を実際にご覧頂き、その後 個人懇談にて個々の様子を分かち合い、いま出来る方法で子どもたちの生活・育ちを ともに見つめ、その成長を喜び合えましたこと、大変うれしく思っております。

 コロナの現況、厳しい状況が続いておりますが、なすべきことを粛々としながら教育を進め、情勢に合わせ、よき対応を図って参りたく思いますので、引き続き どうぞよろしくお願い致します。

 イエスさまのご降誕を待つ聖母幼稚園での待降節に入った いま、周りを見渡し、自分の出来ることを考え、してみたことが喜ばれ、自分もうれしくなるようなことを重ね、ご家庭でも お付き合い下さればと思います。

 また クリスマス発表会へ向けても、それぞれの年齢に合わせた一生懸命な気持ちのプレゼントを と練習を進めておりますので、ともに楽しみに見守って参りましょうね。

                                     園長  肥田 光代

神さまのお恵み

投稿日: カテゴリー: 園長より

 朝晩の冷え込みと日中の陽射しの寒暖差がある いまの時期、この寒暖差により 園から見える上町公園の木々は日を追うごとに緑から赤や黄色への変化が進み、紅葉のグラデーションが美しく彩っております。

 目に映る自然の変化と肌寒さは まさに秋の深まりを実感しますね。

 この自然の変化に富むよい季節を緑町公園にどんぐり拾いに出掛けたり、五輪公園で自然と戯れながらあそんだり、上町公園で落ち葉拾いをしたり・・・。積極的にあそびに取り入れ、また 園の畑のぶどうやさつまいもの収穫をして 秋の実りをおいしく頂き、子どもたちも神さまのお恵みを身体いっぱいに感じて過ごしております。

 今週末のお店屋さんごっこに向けても クラスで話し合いをしながらアイディアを形にし、年長者と年少者が助け合い 協力しながら品物作りに取り組み、それぞれのお店を自分たちらしく表現することとともに期待感も高まり、準備も大詰めを迎えております。

 どんなお店屋さんになっていくのか、楽しみにお待ち下さいね。

 季節の移り変わりが進み、観光にもよい時期、一方では 札幌市でのコロナ感染者状況が最近また徐々に増えてきております。園でも引き続き 基本的予防策の徹底に配慮しておりますので、ご家庭でも対策を継続・再確認頂き、ともに気を付けながら過ごして参りましょう。

                                   園長  肥田 光代

心の繋がり

投稿日: カテゴリー: 園長より

 先週末の運動会、台風の進路によっては その影響が心配されましたが、進路が逸れ、神さまの見守りとご家族の皆さまの応援の下、最後まで無事に終えることができました。

 今年度はコロナ禍の中、感染予防は必須の対策となり、競技内容の精選と実施方法の工夫、保護者の皆さまにもご協力を頂いての観覧席における配慮と体調把握、多くの皆さまのお力添えにより、子どもたちの成長の喜びを分かち合える機会が持てましたこと、心より感謝致しております。

 また、これまで春先は特に、コロナの感染拡大がなかなか収まらず、その時々の育ちをご覧頂く参観行事の実施が叶わずにおりましたが、この運動会で いまの子どもたちの年齢別の育ちの姿を目の当たりにして頂けましたこと、うれしく思っております。

 子どもたちもご家族の応援の後押しを受け、各年齢 力をもらい、練習をも上回る表現となり、皆 目を輝かせていたように思います。

 人に応援されることで 見えない力が湧き、その頑張りを目にすることで 胸を打つ。いまのコロナ対策では人との距離を取ることが大事ですが、心の繋がりは途切れず、共通体験により繋がりは強さを増していくものですね。

 これから迎える実りの秋、あそびや友だちとの関わり、集団活動においても実りと充実の時期に差し掛かって参ります。

 さらに新たな刺激を力に、個々の感性、仲間との表現を伸ばし、深めていけるよう 支え見守っていきたいと思っております。

                                    園長  肥田 光代