父母の声

お子さんの幼稚園生活を通して感じられた保護者の皆さまからの喜びの声です。

お子さんの幼稚園生活を通して感じられた
保護者の皆さまからの喜びの声です。

初めて親から離れて活動する場で、始めは園で泣くことも多かった娘も、最近では自分から幼稚園に行きたいと言うようになった。園での活動で野菜や果物を収穫して食べたり、行事に向けて準備をしたりするのが楽しかったようです。親としても伸び伸びとした雰囲気が気に入っての入園だったので、娘にとって楽しいと思える場にして下さった先生方やお友だちには本当に感謝です。【年少】

幼稚園に入ってから、お友だちにお手紙を書くために、ひらがなを学ぼうとしたりと色々な成長を日々感じている。「今日○○ちゃんが『お友だちになろう』って言ってくれて、心があったかくなったんだ」など、今日起こった色々なことを寝る前にお話ししてくれる時、改めて聖母幼稚園に入って良かったなぁと感じる。先生方もいつも優しく笑顔で迎えてくれて安心しますし、幼稚園での様子を時々教えてくれることが とてもうれしいです。これからもよろしくお願い致します。【年少】

先日、私が骨折をした時、「今日、幼稚園でママが早く治りますようにってお祈りしたよ」と言ってくれ、それからは事あるごとに「大丈夫?」「もう治った?」「私がやってあげるよ」とお手伝いまでしてくれた。お友だちがお休みをしていると大丈夫かなぁと心配し、その後、来た日は「○○ちゃん、今日は来たんだよ」とうれしそうに報告したり、幼稚園での教育と愛情のお陰で、娘の心が成長していることを実感する毎日です。これから年中・年長と聖母幼稚園で過ごさせて頂けることがとてもうれしく、楽しみです。いつも本当にありがとうございます。【年少】

たんぽぽさんの〇〇くんは、もうひらがなが書けるんだよ、ゆりさんの〇〇ちゃんは、これが好きで得意なんだよ、ばらの〇〇ちゃんは、にんじんが嫌いなんだけど食べたんだよと。自宅での生活の中でも幼稚園の友だちのことをリンクさせて、会話に登場させてくれるので、友だちの良い所を見たり、得意なことや頑張っていることに刺激を受けて、心を成長させているのだなと感じています。【年中】

先生方は、子ども一人ひとりを丁寧に見て下さっていると感じている。行事に向けての歌やダンス、セリフ等で我が子がちょっと頑張らなければならないレベルに挑戦させてもらえ、家でも練習に励み、やり遂げることで、本人も とてもうれしそうに活き活きとした表情を見せてくれ、心の成長に繋がっていると思う。いつもありがとうございます。【年中】

一年間 ありがとうございました。幼稚園が大好き、先生たちが大好き、お友だちが大好き。毎朝、決まった時間になったら、喜んで準備をし、張り切って出発。とてもありがたい限りです。愛を持って関わって下さる先生方、息子の成長を大きく温かく見守って下さり、ありがとうございます。来年度もよろしくお願い致します。【年中】

食事のマナーやお友だちとの付き合い方、鉄棒や跳び箱など、新しいことは全部 幼稚園で学んできて、驚くばかりでした。それらは厳しく教えられるのではなく、あそびの中で先生方が子どもに伝えて下さり、いつの間にか出来ているという感じでした。カトリックの教えがベースにあること、縦割り保育であることが子どもの優しい心を育んでいるように思う。他の子たちも皆 優しいです。【年長】

少人数制の幼稚園は、一人ひとりの個性を伸ばしていける場だと、私たちは考えている。個と個の繋がりも強くなり、先生方との関わりも強くなる。幼児期は本当に大切で、親以外との大人の関わりを持つスタートとなるのが園生活です。聖母幼稚園に通い、園バスでの時間など、笑顔いっぱいで「あー楽しかった」「いっぱい〇〇やったからつかれたー」の言葉を聞けたのが本当にうれしかったです。一日一日色々な体験をしたことは、子どもにとっても宝物となる。大きくなると(何をやったかなど)忘れてしまう時期かもしれませんが、成長の過程で、家庭の次に大切な影響をもたらす場になるので、温かく凛とした聖母幼稚園に通わせることが出来て、良かったと考えている。指導、教育のレベルの高さは、私たちは最高だったと感じている。ありがとうございました。【年長】

自分自身がカトリックの学校で学んだ。建学の精神は「愛を通して真理へ」でした。その経験より、子にもキリスト教の“愛すること”を大切にしている園で過ごさせたいと思っていた。満3歳で入園させる前に いくつかの園を見学しに行った。その中で、聖母幼稚園に決めた。決め手は、そこで働いている方の笑顔でした。温かい眼差し、先生たちの連携が取れているのだなと感じたことです。入園しても その思いは変わることなく、最後まで、そして、先生たちが退職し、新しい職員に替わっても変わりませんでした。私が学んだカトリックの学校のように「愛を通して真理へ」を実践され続けていらっしゃる聖母幼稚園だからこそ、コロナ禍の中でも、子どもの学びと成長の機会を、対策を取りながら中止せず行なって下さったこと、心より感謝申し上げます。私も先生方より子どもの心に寄り添うことの大切さを教えて頂いた。まだまだ母として至らない所ばかりですが、子が園から育ててもらった愛の芽を枯らさぬようにと思うばかりです。【年長】