父母の声

お子さんの幼稚園生活を通して感じられた保護者の皆さまからの喜びの声です。

お子さんの幼稚園生活を通して感じられた
保護者の皆さまからの喜びの声です。

先生方がどなたも明るく、お迎えの時にその日の様子などを教えて下さるのが楽しみです。家でも幼稚園の一日を再現してあそんでいるので、楽しく生活しているんだろうなと思う。あと3年で、どんなに成長するのが楽しみです。【満3歳】

入園前から幼稚園に行くと在園の子どもたちが人懐っこく笑顔で迎え入れてくれて、いい幼稚園だなと感じていた。実際、入園してみて、縦割りで年長の子が我が子の面倒をあれこれ見てくれる話しを聞き、人見知りで頑固な息子が予想に反して早々に園を楽しんでいる様子を見て、園が安心出来る場所であることが嬉しかった。縦割りの良さを実感した。優しくされたら優しくなれる、そんな循環が受け継がれているのを感じた。4月には息子も年中になり、下の子の面倒を見る立場に。どんな成長が見られるのか今から楽しみです。【年少】

食事の用意やテーブルをふく、洋服をたたむ等、お手伝いをしてくれるようになった。聞くと「幼稚園でやっているから」と。日常の小さなこと一つひとつですが、出来ることが増えていく姿を見ていると嬉しく思う。教えて頂いている先生方にも感謝している。今後もよろしくお願いします。【年少】

少しずつ「どきどき」が「楽しい」に変わっていく様子が親として、とても感じることが出来た。担任の先生はもちろん どの先生も温かく見守って下さっているのが、子を通して伝わってくる。出来るようになったことを一緒に喜んで下さり、心配事には寄り添って下さり、安心して園に通わせている。教育は「人」が大切だと言うが、聖母幼稚園の先生方は「人」として素晴らしい人ばかりで、ここを選んで良かったなと思う。【年少】

家での生活では見られない姿があったりと、子どもの成長にはびっくりさせられる日々です。マリア様の心を通して、すくすくと優しく思いやりのあるように感じる。【年中】

幼稚園から帰って来ると今日あったことでおしゃべりが止まらない。同じ年齢だけでなく、上の子も下の子も、先生の名前も出てくるのを聞くと、皆に良くして頂いているんだなと感じる。お友だちとけんかしてしまう時もあるようですが、それも人との関わりを学ぶ大切なことと考えている。先生方、いつも笑顔で迎えて下さり、ありがとうございます。【年中】

入園したばかりの頃は集団の中でやっていけるのか、先生やお友だちに迷惑を掛けたら…と不安なことばかりだった。けれど、一日一日を過ごしていくうちに、自分で出来ることも増え、「ばらさんだから!」や「ゆりさんだから!」と逞しい言葉も聞かれるようになった。何よりお友だちに思いやりを持って接することが出来るようになってきたことが一番嬉しい成長だった。園の先生方、お友だちの皆には感謝しかありません。ありがとうございました。【年長】

園での沢山のあそびの中で、虫など苦手だったのが自然と興味を持ったり、思い切り笑い、駆け回る姿を見て、今しか出来ない時間の過ごし方が出来たことが、とてもよかったと思う。【年長】

大変お世話になりました。「幼稚園は楽しい」とはっきり口にしていたので、子ども心にも「幸せ」「楽しい」をいっぱい感じた園生活だったと思う。良い幼児期の思い出を沢山作れた。今後の人生の宝物です。ありがとうございました。【年長】